一般歯科

痛くない 安心 安全な歯科治療足立区わたなべ歯科クリニック

03-5673-2100

平日:9:30~13:00 14:30~20:00
土曜:9:30~13:00 14:30~18:00
休診日:木曜,日曜,祝祭日
※祝祭日のある週は 木曜日の午前も診療

お子様からご年配の方まで、ぬくもりのある治療で、地域の「かかりつけ医」として皆様のお口からの健康維持をお手伝いさせて頂きます。

一般歯科

■虫歯を放っておくと…

虫歯は痛みがなければ治療する必要がないと思う方もいるかもしれません。しかし痛みが無いからといって永い期間放置していると虫歯がどんどん進行していき、最悪の場合歯を抜かなければならず、歯がなくなってしまうこともあります。歯がなくなれば、二度と生えてくることはありません。
若いからといって歯がなくなることはないと安心していてはいけません。若い方でも虫歯が進行し、重度の虫歯になれば歯を失ってしまいます。歯がなくなってしまえば、食べ物を美味しく食べることが難しくなり、入れ歯やブリッジ・インプラントといった治療をしなければならなくなります。

痛くないからと放っておかず、初期の段階で治療することが大切です。早期治療であれば虫歯
の部分に樹脂を詰めるだけで完了します。
早期発見・早期治療のためには、定期的に歯科医院にて検診を受けることをお勧めします。

■虫歯の様々な治療方法

「小さい虫歯の場合」:虫歯を削り取って樹脂を詰める

虫歯で治療すると銀歯になってしまうというイメージがあるかもしれませんが、初期の虫歯の場合通常は1回の治療で白く治すことができます。
虫歯の部分だけを削り、悪くなった部分を取り除き、削った部分にレジンという樹脂で埋めます。 この樹脂を、自分の歯の色に合ったもので埋めます。
レジンは専用の光を当てると固まり、固まった後に形や噛み合わせを調整して治療は終了となります。 初期の段階で治療をすれば時間はほとんど掛りません。

「進行した虫歯の場合」:型を取って金属などの被せ物をする

現在では、口腔ケア商品(歯ブラシ・歯磨き粉など)の品質が向上し、重篤な虫歯で苦しんでいる方は減少していますが、遺伝的に歯の組織が弱い方や口腔ケアが不十分な方の場合は虫歯が急激に進行するケースがあります。また、仕事や家事で歯医者に来られない方、歯の痛みを我慢して放置した結果、歯の一部が欠けてしまうほど病状が進行してしまう場合があります。
この様な場合の治療法として有効なのが、悪い部分を削った歯の型を取って金属等の被せ物をする方法です。

被せ物は金属だけでなくセラミックなどの白い素材を使用し、治療の痕跡が分かりにくい物もあります。

「神経まで進行した虫歯の場合」:根幹治療または抜歯を行う

虫歯が神経にまで達してしまった場合は、まず根幹治療を行います。
この根管治療とは神経を取り除いた後に、歯の根の内部を綺麗にして薬剤を詰め、無菌状態にする作業です。

何度か薬剤の入れ替えなどを行って治療をすすめていきますが、歯根の形状は細くて曲がっているため完全に治療を行うにはかなりの治療時間が必要とされます。根幹治療が困難な場合や、根幹治療後に炎症などが出た場合は、抜歯することになります。

患者様の声